SNSでもリアル感を出したほうがいい

SNSを利用するにあたり、やはりリアル感を出したほうが良い
例えば、貴方が掲示板へ投稿して、返事が返ってきたときに、どちらの方が安心できるか?
キャサリン?田中真奈美?
もちろん後者だろう
ただ、一つ間違えれば、スパムメールなどで使われている手法なので(本名に近い名前を利用するので)その点は注意したい
趣味の欄も同様のことが言える
スノボー・スキーが趣味であれば、何となく共通しているので理解を得られる
ところが、スノボーに読書、音楽鑑賞など多趣味を書いてしまうと、明らかに嘘っぽく見えてしまう
実際リアルでも、このような幅広い趣味を持っている人はいないだろう
勤務先や、何をしているかも・・・個人的には本当のことを書いたほうがよい
どうせ嘘をついても後でバレることになる
まず、IT企業という言い方は避けたほうがいいだろう
馬鹿に限って、やたらインターネットの会社で働いていると書きたがる
ベンチャーで話題になったからだろうが、リアルでIT関連の会社で働いているなら出会い系などやっている時間がない
さらに、見栄をはっているように思われる
運送会社勤務としたらどうだろうか?
親近感がわく感じがする
ただし、人気の無い職業になるので注意
出会い系とは、人と人との繋がりをネットで結ぶものなのだ
だから、怪しいと思われると、一切のコンタクトを遮断される恐れもある
援助交際などの募集を考えて見て欲しい
相手が嘘をつくメリットが無いし、話が早いため男女ともに確実に会うことができる
ワクワクメールを利用した神待ちも同様のことが言える

掲示板の投稿履歴を見るだけで、ワクワクメールがどのようなサイトなのか
信じられない光景が目に入ってきます

信じられない光景とは援助交際が行われているということなのだ
ここで正直に本名などを書けば、速攻で売春で逮捕される
もっとも、未成年でない限り、暗黙の了解なのかも知れない
真面目な出会いを希望するなら、とにかく嘘をつくのはやめ、きちんとしたプロフィールを書くべきだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です