女子大生を口説いた恐るべき14歳の中学生

一般的に女性が恋愛の対象と考える男性はじぶんよりもレベルの高いオトコになります。

これについては男性の方でも認識しているのでバランスが合わないと感じる女性のことを高嶺の花などと称して「自分にはムリ」とアプローチの前から諦めてしまう傾向にあります。

しかし、確かに何がしかの部分においてはレベルが高いに越したことはありませんが、そこを判断するのも女性です。

逆に自分のレベルが高いと自信を持っていても相手の女性が同じ評価をしてくれるとは限りません。

もちろんこれは男性だけではなく女性にも同じことが言えます。

そう考えるとアプローチの糸口が見えてくると思いませんか?

世の中には誰が見てもイイ男とかイイ女が存在します。

ですが当の本人にはその様な自覚があるとは限りません。

もっとも我が国の国民性として自称イイ女なんてのは自惚れが強いと批判されやすい傾向にありますが、現実にモテまくりの人生であれば当然の結果かもしれません。

しかし、相手の外見が可愛いとか美人というだけで全部を美化してしまう必要はないでしょう。

そもそも相手の女性をあまりにも崇め奉ってしまうと自分は下僕のように感じてしまいます。

まあ、女王様に対して一兵卒のような感覚でしょうか?

さて本題に入りますが14歳の中学3年生が19歳の女子大生を口説き落とした話は実話です。

普通に考えれば、ありえないはずのこの現象は科学的に解明できます。

それは相手の女性をコントロールしようと考えたのではなく自分を変えたというのが答えです。

もう少し具体的に説明すると

一般的に誰が見てもイイ女をモノにしようと思いついたときに一般的な男性の行動とは?

・当たって砕けろの精神でアタックあるのみ

・何か付加価値で優位性を持たせてアタック(プレゼントとか所有するクルマを武器にする)

・懇親の手紙を書く

・彼女の趣味とか気を惹く情報をかき集めてからアプローチ

131176

もちろんこれらがダメとはいいませんが、この場合はバランスの合わない相手に対するアプローチなので可能性は薄いと言わざるを得ません。

つまり女性をコントロールするのではなく自信を変革させるという選択をしたことが中学生の勝利に結びつきました。

14歳といえば、まだまだ将来に大きな希望が見える年齢ですし可能性を大きく伸ばすこともできます。

そのため彼は現時点のビハインドを跳ね返すべく文武の両面と自身の内面を磨くことにフォーカスしました。

だからといって将来を嘱望されていた秀才が高校に入ったとたんにグレはじめて転落の人生を歩むという話も珍しくはありませんが、この時点で彼女にアピールする条件としては充分だったということです。

他人を変えるのは大変ですが自分を変えることならマインド次第で可能です。

もちろん、それも容易なことではありませんが、変革のきっかけ次第では信じられないパワーで実行できるでしょう。

AD:割り切りで遊べるサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です